無担保で借りられるカードローンの人気が高い

カードローンは消費者金融や銀行で提供する個人向けの無担保ローンとなり、手軽な借り入れが出来ることで多くの方に利用されています。お金に困ってしまったとき、何らかの支払いが足りないときに便利なカードローンも、金利が高いのがデメリットとなってしまいます。

 

やはりローン商品であるがために利用をすれば返済の必要があり、借りすぎてしまえば返済に困ることにもなります。カードローンは手軽だからと余計な借り入れをするのではなく、よく考えて賢く計画的に使っていくようにしましょう。

 

 

自営業者がカードローンを使うには

キャッシングの申し込みでは必ず職業を審査されますが、何らかの仕事をしており収入があれば利用資格は満たします。一定以上の収入が必要な一部の銀行以外は職業や収入を理由に審査に落とされてしまうことはありません。勤めている会社や仕事の種類については心配する必要はないでしょう。

 

ただ、ひとつだけ例外になる職業があります。自営業の方の場合、申し込んだキャッシングによっては審査落ちになってしまうことがあります。カードローンの中には、一般向けと事業者向けを分けているものがあり、事業資金の融資を目的にした自営業者が一般向けのコースに申し込むと審査に落ちてしまうのです。

 

カードローンの資金用途の項目に事業資金への使用は不可となっていると、事業資金目当てで申し込んだ自営業者は審査落ちになってしまいます。事業者向けのコースに申し込むか、事業資金への利用も可能としているカードローンに申し込むようにしましょう。

 

資金の利用目的が事業資金以外の場合は、自営業者であっても一般向けのカードローンを利用することはできます。ただし、自営業者の審査は少し厳しく、収入証明や事業証明書を提出させるところもあります。認められる融資額も会社勤めの方に比べると低めになってしまうことに注意しましょう。

 

個人向けとなるカードローンのキャッシング

カードローンによる借り入れは、基本として個人の消費者向けとなります。資金使途は自由とされているとしても、事業性資金としての借り入れは認められていないのです。

 

良い例として、個人であればいつでもどこでも借りられるオリックス銀行カードローンのキャッシングにおいても、事業として使うお金としての借り入れは認められていないので、十分に注意をして下さい。

 

主婦が夫に内緒でキャッシングできるか

果たして主婦は夫に内緒でキャッシングできるのでしょうか。ここでまず主婦がキャッシングする条件について整理しておきたいと思います。キャッシングを利用する際には審査を通過する必要がありますが、基本的に専業主婦の場合には収入がないとみなされます。それで、審査はまず通りません。

 

しかし、主婦でも正社員でなく、パートなど安定した仕事と収入を得ているのであればキャッシングを利用できる可能性があります。では、実際にキャッシングを利用できる状況にある主婦が夫に内緒で利用することは可能でしょうか。

 

基本的にキャッシングの申込み、そして契約内容は本人としかやり取りをしないため、かなり機密性は高いと言えます。それで、主婦でも夫に内緒でキャッシングを利用することは十分に可能です。しかし、借入額がもし多く、契約の際に収入証明書が必要となる場合には、夫の同意が必要となります。

 

その際にはおそらくキャッシングの利用がばれてしまうでしょう。それで、収入証明書が不要な条件である少額の借り入れ額であれば内緒のままで利用することができます。もちろん、契約時は内緒にできても返済期間が長いとばれやすいと言えます。借入する前に返済の計画を綿密に立てることが必要です。

 

専業主婦対応のカードローンなら使える

専業主婦の方となると消費者金融は厳しいですが、中にはイオン銀行専業主婦カードローンのように、配偶者に内緒で借りられるとする商品もあります。

 

これであれば、自分の信用を使って少額のお金が借りられますので、内緒にしたまま必要な分だけカードローンでお金が借りられるのです。